各講習会についてのお知らせ、また過去のアーカイヴを掲載しております。


【記録】2019年4月29日(月)生徒技術向上講習会

2019年4月29日(月)に開催された「生徒技術向上講習会」についてご報告いたします。

 4月29日(月)に、中体連ダンス部主催「生徒技術向上講習会」が立教女学院中学高等学校総合体育館で行われ、都内中学校15校-総勢329名(参加213名・見学116名)が、3時間の講習を熱心に受講しました。

 講師には、日本女子体育大学教授の坂本秀子先生をお招きし、同大学卒業生と現役お二人の、素晴らしい動きをお手本にしながら、基礎技術を学びました。今回は、 様々な「跳躍」の動きが組み込まれている「基本運動5番」を教えて頂き、踏切と着地に不可欠な足の裏の使い方、連続するジャンプを可能にするためのポジションなど、多くの課題を提示して頂きました。大変ハードな練習曲でしたが、受講者達は、集中力を切らすことなく、取り組むことができました。
 また最後に、中体連ダンス部・既成作品「カノン」の講習も実施しました。この作品は、一見簡単なイメージがありますが、だからこそ、ごまかしのきかない技術が必要となります。詳しく説明のあった隊形のポイントを押さえながら、基礎を大切にし、夏の大会で実力が発揮出来るように、練習に励んでもらいたいと思います。

 

●昨年度の抜けていた分
 2018年度大会の記録を掲載しておりませんでした。今年のアップに合わせて、掲載追加したいと思います。大変申し訳ございませんでした。

続きを読む 0 コメント

【記録】2018年4月30日(月)新既成作品伝達講習会

2018年4月30日(月)に開催された「新規制作品伝達講習会」についてご報告いたします。

 2018年度大会の記録を掲載しておりませんでした。今年のアップに合わせて、掲載追加したいと思います。大変申し訳ございませんでした。

 

 4月30日(月)に、中体連ダンス部主催「新既成作品伝達講習会」が立教女学院中学高等学校総合体育館で行われ、都内中学校23校-総勢463名(参加214名 見学249名)が、3時間の講習を熱心に受講しました。
 2月の伝達講習会と同様、1生から5生に分かれて、それぞれの動きが伝達されました。今回は、既に振りが入っている参加者が多かったため、各モチーフのポインやカウントの取り方など、さらに踏み込んだアプローチとなりました。参加者達は、他校の取り組み姿勢から、たくさんの刺激を受けながら奮闘していました。1年目となる今年。「カノン」が、どのように披露されるか、期待が膨らむ講習会となりました。

 

続きを読む 0 コメント

【記録】2019年2月9日(土)指導者向け指導力向上講習会

2019年2月9日(土)に開催された「指導者向け指導力向上講習会」についてご報告いたします。

2月9日(土)に、「指導者向け指導力向上講習会」が立教女学院中学高等学校総合体育館で行われ、公立、私立中学校15校17名の先生方が参加してくださいました。
講習会では、今年度から新たに生まれ変わった既成作品『カノン』を2分間にまとめたものをご紹介しました。参加してくださった先生方の高い集中力と、意欲は素晴らしく、小雪の降る中、約2時間、振り移しから、構成確認、踊り込みを見事にこなし、グループ発表まですることができました。
 ご参加くださった先生方、本当にありがとうございました。この作品は、基礎的な内容がたくさん盛り込まれていますので、各校、何らかの形で生徒さん達に還元してくだされば幸いです。
 来年度も指導者向けの講習会を実施予定です。是非、また次年度もご参加ください!運営委員一同、心からお待ちしております。

続きを読む 0 コメント

【記録】2018年2月18日(日)新既成作品伝達講習会

2018年2月18日(日)に開催された「新既成作品伝達講習会」についてご報告いたします。

2018年2月18日(日)に「新既成作品伝達講習会」が、富士見中学校で実施され、受講者255人、見学268人が参加しました。

新しい作品名は「カノン」。心と心がつながるとき、無限の可能性が広がっていく という希望を込めた、爽やかで伸びやかな作品となっています。基礎に立ち返り、シンプルではあるけれど、背骨をしっかりと意識出来るような、ストレッチ性の高い動きが数多く入っています。受講者は、集中力を切らすことなく3時間たっぷりと汗を流し、熱心に動きを習得していました。
4月の講習会では、動きと構成を再確認する予定ですので、是非参加してください!

続きを読む 0 コメント

【記録】2017年4月29日(土)生徒技術向上講習会

2017年4月29日(土)に開催された「生徒技術向上講習会」についてご報告いたします。

4月29日(土)に、中体連ダンス部主催「生徒技術向上講習会」が立教女学院中学高等学校総合体育館で行われ、都内中学校20校-総勢482名(参加192名・見学250名)が、3時間の講習を熱心に受講しました。
講師は本講習会3年目となる日本女子体育大学教授の坂本秀子先生でした。同大学学生さんお二人の、素晴らしい動きをお手本とし、 基礎技術を学びました。今年のキーワードは「背骨」。体幹の中心となる背骨を、波動や蛇動運動を取り入れながら、しなやかに動かせるようにアプローチしてくださいました。ラスト30分は、中体連ダンス部・既成作品「Rising」の講習が行われました。最後となるこの「Rising」の講習。受講者全員、今まで以上に熱心に学んでいました。

続きを読む